×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の糖尿病に多いインスリン依存症の症状とは?

犬の糖尿病 インスリン依存症の症状

 

ここでは、犬の糖尿病として多いインスリン依存性の症状について解説しています。


 

犬が糖尿病になると、
飲む水の量が増える、尿の回数、量が多くなる、
食欲が増す、食べても食べてもやせてきてしまう

などの症状が現れます。

 

また、犬の糖尿病が悪化した場合、血液中のケトン体という
有害な物質が増加し、嘔吐や、食欲の低下、元気がなくなる
などの症状がみられ、今まで臭ったこともないような口臭が
出るようになります。

 

さらに悪化すると昏睡状態になり、命を落としてしまうこともあります。

 

通常、犬が糖尿病になってしまうのは、7〜9歳の中年以降ですが、
早ければ4歳ぐらいからなってしまう犬もいます。

 

一般的な治療として、インスリン注射がありますが、
毎日、朝夕2回の注射は犬にとっても、
私達飼い主にとってもとても大変です。

 

犬が嫌がり素直に打たしてくれませんので、労力もかかりますし、
当然、多額の治療費もかかってきます。

 

もし、まだやせてくるなどの初期症状でしたら食事療法でも
十分改善して完治することができますので、検討してみてください。

 

1ヶ月620円から始められる、サプリメントもありますので、
もし興味のある方は、詳細を確認してみて下さい。

 

>> 詳細はこちらをクリック

ランキング

ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
  • SEOブログパーツ